あなたの声を北海道議会に伝えます。

2012年01月23日予算ヒアリングと要望

 本日は朝から夜まで、各部との2月3日から始まる予算ヒアリングであります。

また、夕方は高井副知事に会派として平成24年度に予算を反映して頂けるよう予算要望をしました。

以下13項目の概要は次のとおりです。

平成二十四年度北海道当初予算に対する要望提言

平成二十四年度北海道当初予算編成や道政執行に関して、我が会派として要望提言をいたします。

一、平成二十三年三月十一日に発生した東日本大震災により、数多くの道内企業や農業・水産業・観光産業などに多大な風評被害が生じていることから、風評被害対策並びに企業支援に取り組むこと。

また、大規模な災害に対する整備と防災に備えた食糧備蓄の整備に努めること。

一、原子力発電の対応について、道の条例に明記されているとおり、脱原発に向けた取組みを行うこと。

また、地産地消を目指した再生可能エネルギーの導入に向けて積極的に取り組むこと。

一、食クラスターや農商工連携をはじめ、地域の特色を活かした取組みと昨年認定された北海道フードコンプレックス国際特区などを活用し、本道経済・産業の活性化をより一層推進すること。

一、雇用対策について、依然、道内の失業率は高止まりの状況が続いていることから、新規学卒者を

はじめ、中高年齢者の就職支援や失業対策等の雇用対策に努めること。

一、少子高齢化対策や障がい者支援など地域で安心して暮らせるよう福祉政策の充実を図ること。

一、農林水産業の振興を着実に進めるため、生産力向上対策や基盤整備事業に取り組むこと。

また、エゾシカ被害防止対策を推進すること。

一、郵政民営化により、北海道民は様々な観点から不安を感じていることから、道は国に対し、一刻も早く郵政改革法案の成立を訴えていくこと。

一、TPP問題について、農林水産業や医療など様々な分野で悪影響が懸念されることから、道は

TPPへの参加に対し、強固として反対すること。

一、医師不足問題の解決や救急医療の充実に努めること。

一、いじめの根絶に向けた取組み強化や学級崩壊対策の強化に努めること。

また、幼児教育、私学振興、特別支援教育など教育政策の一層の充実を図るとともに、心の教育の充実を図ること。

一、アイヌ政策の充実を図ること。

特に進学率に格差が生じている現状に鑑み、教育・就職支援について、より一層の充実を図ること。

一、北方領土返還に向けて、より一層取組みを強化すること。

一、中小企業への支援の充実を図ること。

 

 

 

 

 

  • サイト内検索

  • カレンダー

    2017年9月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

トピックス

  • 北海道議会議員 山崎泉
  • OFFICIAL WEB SITE