あなたの声を北海道議会に伝えます。

2011年07月21日公立特別支援学級の配置計画に参加

20日夜は、帯広地域若者サポートステーションと星槎国際学園の先生やスタッフの皆様と懇談会。

21日、11:00から公立特別支援学級の配置計画に参加。佐々木道議も参加されてました。

私は、いつも決められていることを説明する地域説明会ではなく、地域の意見を聞いて持ち帰り、検討した結果をもう一度提案していく事が必要だと考えます。すでに計画案が出てしまえばなかなか変更できない現状や、言いたい事があっても役所の人が答えてしまうと、言えない人もいます。一部の人の質問で終わってしまいます。言いたい事があっても言えない人の意見が重要です。

より細かく意見を聞く事が重要です。

障害がある人も10人いれば10人違います。

全ての子供たちに選択できるより細かい環境が必要であります。

8月8日にもう一度行われます。

私は

①普通科での受け入れ

②特別支援コースの実現(大坂ではあり、3~4倍の人気)

③養護学校の充実

④車椅子や医療行為が必要な子供達の対応

⑤就職に活かせる授業、又はコース(中札内養護学校も約11%就職率)

⑥元気に通える環境

と考えます。

約20数名の皆様のご意見を聞けたいい機会でありました。

今後ともご意見を頂き、道政に活かして行きたいと思います。

  • サイト内検索

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

トピックス

  • 北海道議会議員 山崎泉
  • OFFICIAL WEB SITE