あなたの声を北海道議会に伝えます。

2012年01月10日北海道議会文教委員会にて質問

 平成23年度 学力・学習状況調査について結果の報告がありましたので、細部にわたり質問させて頂きました。

平成23年は東日本大震災の影響により全国一斉での実施ではなく、北海道が独自に調査問題を活用し実施しました。

子供達の解答状況は

過去の類似の設問を分析した結果、漢字を読むことや、四則計算など、基本的な設問については、

改善の傾向が見られているものの、小・中学校とも、習った漢字を文章の中で使うことや、道筋を立てて考え、記述することなどが、引き続き課題となっているところ。

こうした中、児童生徒への質問紙調査の結果では、昨年度と比べ、言葉や式を使って、わけや求め方を書く問題や、解答を言葉や式を使って説明する問題において、途中であきらめた児童生徒の割合が、小学校で約6ポイント、中学校で約10ポイント少なくなり、最後まで解答を書こうと努力した児童生徒の割合が、小学校で約7ポイント、中学校で約10ポイント増えており、学習に臨む好ましい傾向が見られたところであります。

また、来年度から実施される理科について、実験分野では先生たちが半分以上苦手意識を持っており、補助職員で対応しているところもあります。私は先生ができないからと言って補助職員を雇っていると、そのうち先生は何をしているかわからなくなってしまいます。最終的に小・中くらいの実験くらい先生は身につける努力をするよう指摘しました。他にも体育などで補助職員が使われています。

  • サイト内検索

  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

トピックス

  • 北海道議会議員 山崎泉
  • OFFICIAL WEB SITE